2021-01

雑記

礼金 賃貸借契約における礼金とはどのようなものか

礼金の設定がある物件は損?この記事を読めば賃貸借契約時の礼金の取り扱いがわかります。
雑記

敷金 賃貸借契約における敷金とはどのようなものか

敷金とは民法622条の2第1項で以下のように定義されています。 「いかなる名目によるかを問わず、賃料債務その他の賃貸借に基づいて生ずる賃借人の賃貸人に対する金銭の給付を目的とする債務を担保する目的で、賃借人が賃貸人に交付する金銭をい...
重要事項説明書の読み方

金銭の貸借のあっせん

多くの方が不動産の購入には融資を利用して資金計画を立てられます。 この「金銭の貸借のあっせん」は不動産会社が紹介する住宅ローンについて説明するものです。 この住宅ローンは一般的に提携ローンと言われるもので、不動産会...
雑記

売買契約のIT重説 2021年4月本格運用へ

国土交通省が2021年4月より売買契約における重要事項説明をオンラインで行うことを認めることを発表しました。 現在IT重説は社会実験に参加中の宅建業者のみが行ってきたした。 社会実験で集まった2300件弱の事例で特に大きなトラ...
書籍紹介

マンガでわかる【不動産物件調査入門】

不動産物件調査入門基礎編改訂版 トラブルを防ぐための物件調査の基本がマンガでわかる! (図解不動産業) 価格:1870円(税込、送料無料) (2021/1/24時点)楽天で購入 今回ご紹介するのは【不動産物件調...
重要事項説明書の読み方

【売買】支払金又は預かり金の保全措置の概要

売買契約における支払金又は預かり金の保全措置を講じるかは不動産会社の任意です。では支払金又は預かり金とは具体的にどのようなもの?この記事を読めば支払金又は預かり金の保全措置がどのようなものか分かります。
重要事項説明書の読み方

手付金等の保全措置の概要(業者が自ら売主の場合)

売買契約の売主が不動産会社(宅建業者)の場合に預かる手付金等が一定額を超える際に義務付けられている保全措置に関する事項です。 この項目は売主が不動産会社(宅建業者)の場合に適用がありますので、個人間の売買では適用がありま...
書籍紹介

どんな悩みも解消【反応しない練習】

不動産業界に限らず仕事をしていると様々なストレスを感じます。 社内の人間関係やお客様、取引先など。 現在の情報化社会ではSNSなど娯楽を目的としたものもストレスとなり得ます。 はじめにこの本のタイトルをみた時の印象はスト...
書籍紹介

なぜそうなっているのか?【住まいの解剖図鑑】

いまあなたがお住まいの家の間取りがそうなったのは深い訳があります。 普段当たり前のように生活している住宅にもそのようなカタチになった訳があります。 この本は設計を専門で学ぶ方のみではなく、これから住宅を建築しようと考えている方...
書籍紹介

建築設備の基礎知識はこれ一冊【ストーリーで面白いほど頭に入る建築設備】

不動産の仲介をしていると建築関係の設備についてお客様より尋ねられることが多々あります。 私たち仲介の不動産会社は建築設備の専門家ではありませんが不動産を買いたい・借りたいお客様にとってお部屋の建築設備などは非常に関心の高い重要な事項...
タイトルとURLをコピーしました